×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本流用タモ

 本流での釣りをするようになって、鉈が本流には大げさなように、タモもワンタッチでは味気ないなあと思い、何か気の利いた本流用のタモが欲しいなあ・・。と思っておりました。市販品は高いし、風情がない・・。かといって手作りの渋いやつはもっと高いし・・。
 そんなおり、知り合いの方からタモ用の原木を頂き、これで自作しようと思い立ちました。
 およそ2ヶ月、なんとか完成しました。柿渋で下地をし、カシューで仕上げました。OLMのときに皆さんに見てもらい、初めてにしては上出来と言われ満足していたのですが、なんと!そのOLMの最終日に、入魂も済まぬまま、遡行中に転けて、バキバキに、折ってしまいました(T_T)
 しばらくは、途方に暮れて、そのままだったのですが、エポキシで直せると聞き、それも考えたのですが、何せ枠はバキバキ、修理したとしても、強度にも不安があり、躊躇していました。
 そんな折り、近所の釣具屋で、アルミ枠を使った、安物のタモを(880円)見つけました。径は33p。これだ!
 すぐに買って帰り、ハイブリッドタモの制作です。元々、柄の方が軽かったので、鹿角を挟んで重量バランスを取りました。できあがりは、多少趣には欠けるモノの、結構気に入っています。せっかく頂いた原木を生かせなかったのは残念ですが、そのうち、渋いのを作るつもりです。
 ところがある日、その残った柄も折ってしまい。もう悔しくて、絶対折れないタモにしてやろうと思い、最後はこんな姿に(涙)もう、元の面影は有りません。

で、とうとうこんな姿に

これが
こうなって
こうなりました