×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

子供との釣り

 去年(2007年)から、息子を、渓流釣りに連れて行くようになりました。当然、有る程度の装備が必要になります。

ウエーダー
 ネットで色々と探しました。高価でもよいのなら、身長100pぐらいから、ゴアテックスを使った本格的なウエーダーも有りましたが、何せ成長が早いので、もったいなくて買えません。結局、プロックスというメーカーのナイロン製のウエーダーを買いました。チェストハイでブーツフットです。靴の中敷きが入っていて、身長110〜140pぐらいまで使えます。最初はブカブカですが、それでも楽しそうに歩いていました。まずは、楽しむことだと思います。どうせ、大人と同じようには、遡行できないのですから。本格的に歩けるようになれば、ちゃんとしたシューズを買ってやろうと思っています。宣伝するわけでは有りませんが、秀山莊のシューズは、かなり小さいサイズから有ります。

竿       
 4.0〜4.5bのズームです。シマノのホリデー小継と言うやつです。若干長いような気もしますが、今の竿は十分軽いですし、あまり短いと釣りになりません。かといって高価な竿ももったいないですし。
 2009年に、成長に合わせて5.2bの竿を買いました。シマノの「天平」中硬です。しばらくはこれで十分かと思います。6.0bが気になり出せば、私のお古が回せます(>_<)

仕掛け     
 最初は浮子仕掛けがいいと思います。脈釣りは、仕掛けの保持等、ハードルが高いので、まずは釣れることが一番だと思います。それでも子供は親父の釣りをよく見ています。アタリなんかも分かってくる様です。そのうちに同じ仕掛けにしたいと言うでしょうから、その時に脈釣りを教えたらいいと思っています。

服装      
 基本的には大人と一緒ですが、小さな子供では、なかなか良い速乾素材のモノも有りません、それにこれも本格的なモノはまだもったいないので、万が一の時の着替えを一式、お父さんが、濡れないようにして持っているのが一番だと思います。これも、大人用のSサイズが使えるようになれば、揃えてやっても良いと思っています。

刃物  
 うちの息子は、来年(2009年)1年生になります。それを期に、ナイフを一本買ってやろうと思っています。もちろん普段は持たせませんが、釣りの時、料理の時、その他必要なときは使わせてみようと思っています。上のお姉ちゃん達を見ていても、今の子はほんとに刃物を使うことが有りません。便利な世の中と言えばそうなのですが、いい男の子が、切り出しすら使えないのは、どうかと思います。手の一回も切ってこそ、刃物のリアルな怖さ痛さも分かるのだと思います。で、最初は、和式の打ち刃物を、探したのですが、初めてにはもったいなくて、(私が欲しいぐらいです)結局、手頃なファクトリーナイフにしました。いわゆるフォールディングナイフです。本当はシースナイフが良かったのですが、子供の手に合う、手頃なモノが有りませんでした。刃渡りは7p。最初はこれで十分です。初めは私が、刃の出し入れはしてやらないといけないでしょう。今風の肥後神かと思います。
 子供に刃物を持たせるというのは賛否両論有ると思います。親父の自己満足とのご意見も・・。別に否定はしませんが、切る。と言うことがあまりにもバーチャルに、しかも実感を伴わないリアルさを持って発信されている時代への、父親のささやかな抵抗です。

フィールド  
 これは、何回か連れて行って感じたことですが、川通しの本流よりも、アップダウンの有る源流域の方が、子供には楽みたいです。もちろん、登山道等のエスケープルートは必要ですし、高巻きしたりは無理なのですが、多少の岩場や斜面は、面白がってこなしていきます。それよりも我々が思う以上に、押しのある渓流は、子供には辛いようです。何よりもまず釣り以前に、渓流が楽しいと感じられる場所に連れて行ってあげることが大切かと思います。それと、子供をサポートしながらでも余裕を持って遡行できる場所を選ぶのが肝心かと思います。
 もう一点、これが重要だと思いますが、お父さんは竿を出さないぐらいの覚悟が必要かと・・。子供の安全のためにも基本的には両手を空けておきたいモノです。

その他
 私の釣りが、いつも前夜発なので、うちの子は、夜、車の中でキャンプの様に過ごせるのも楽しみのようです。寝っ転がってジュースを飲んで、お菓子を食べて。私もこのときはうるさいことは言いません。帰りは、大抵、温泉に入って帰ります。これも楽しみみたいです。
 肝心の釣りは、子供ですので、大人のような集中力は有りません。ですから私も、子供が帰りたいと言ったら、もう退渓するようにしています。無理強いしても楽しくないでしょうし、また行きたいと思ってくれるのが一番です。それでも慣れてくると、早朝から昼頃までは釣りをしてくれます。せっかくですので、お昼は河原で食べましょう。楽しいですよ!
 雨の時は連れて行きません。小雨で笹濁りなんて子供には関係ないですし、雨の中なんて辛いだけです。
 基本的に、私は子供連れの時は、殆ど釣りをする気が有りません。そのうちに、正味、釣りで一緒に遊べるときが来るのを願って、今は楽しさを知ってもらいたいので、基本はサポートです。でも時には「ちょっと待っとけ!」で、竿を出すこともありますが(>_<)。まあ、それも有りです。まずは楽しむことでしょう。