×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

川について

 良い川とは。まず山がありきですよね。これから挙げる条件を全て満たしている川は無いと思いますが、まあ判断基準です。
  1.流域面積(集水面積)が広い。
  2.支流、枝沢が発達している。
  3.渓相が変化に富んでいる。
  4.人工構造物が無い。
  5.道がない。(特に車道)
  6
水量が比較的安定している。
  7.険しい。
  8.ゴルフ場がない。
 と、こんなモンですか。
 1と2は渓魚の生息、産卵に影響します。まだ誰にも知られていない沢があったりしたらもう最高ですねえ。
 3,4は、渓魚の生息場所の問題で大切です。私の知っているある渓は階段のように堰堤があります。
 一見堰堤の下なんかはいいポイントで確かに魚も少しはいるのですが、いずれいなくなります。
 釣りきられる訳じゃあ在りません。増えることができないんです。ここの魚は堰堤から堰堤の間だけが世界です。
 新しい血の交流も、理想的な産卵場所もありません。いずれ尻すぼみに滅びていきます。
 特に、生息域の最上流部は上流から新しい魚が入ってくることもありません。最上流部が滅べばその下が最上流になります。運命は同じです。
 6は「山について」で述べたとおりです。
 5と7は入渓者が淘汰される、自分も苦しい諸刃の剣ですが。
 8はゴルフ場の多い山にはまず良い川はありません。
 さあ理想の渓流探しの参考ななったでしょうか?