×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

道具

釣りをするには道具が要ります。私のとっても個人的な道具の話です。渓流釣りといっても色々と方法があります。
  1.餌釣り
  2.フライ
  3.テンカラ
  4.ルアー
こんなもんでしょうか。
現在、私は餌釣りのみですので、これについてご紹介します。

1.源流部
 本来の私のメインのフィールドです。
 竿はダイワの「源粋」6.1bです。長竿提灯釣りというやつです。調子は8:2で、穂先は自作のものと替えて、リリアン部もメタカラマンに替えてあるので感度は良いと思います。重量は160グラム以上有るのですが、意外と持ち重りは有りません。物理的強度は十分です。
 仕掛けは基本的に4bぐらいの0.4号の通しです。ぐらいと言うのは、針が切れたら、そこに結び直していきますので、徐々に短くなります。あんまり極端に短くなれば仕掛けを取り替えます。糸はへら用のハリスです。以前にも書きましたが、京都は良い渓流用のラインが手に入りません。へら用なら安定供給されるのでこれにしています。悪くは有りませんよ!
 針は、スーパーヤマメの6、7号が今のメインです。
 目印は、オレンジを2個付けます。オモリはガン玉の1が基本で、下は3、5、上は2B、4B、(1号)となります。
 餌は、ミミズが通年通してのメインで、早期はイクラも使います。最近はブドウ虫はあまり使いません。最近は黒川等の川虫もよく使います。
 魚籠は、100均で買ったただのネットです。タモはワンタッチタモです。
2.渓流部
 年を取るごとに、こういうところも出かける頻度が増えてきました。
 竿はダイワの「鋭覇」6.1bです。初代のズームなしのやつです。もともとこの竿で源流部もやっていたのですが、物理的に強度が足りずに渓流部用になりました。調子は7:3です。軽いし気に入っています。
 今年(2010年)竿を買いました。ダイワの「鋭覇ST」です。先代の「鋭覇」はまだ使えますので、息子用に置いておきます。さてこの鋭覇STですが、私なりの感想として、ダイワさん、思い切った竿を出したな、という感じです。
 調子ははっきり言うと8:2です!じゃあ硬いの?というとそんなことはありません。穂先は0.6oですし、0.3号以下の糸でも使える竿です。おそらく3番までを短くしたのでこんな調子に成ったのだと思います。で、私には使いよい竿です。まあ、最終的には9寸ぐらいのやつをかけてみないと分かりませんが・・。
 仕掛けは、いっぱいの6bです。基本的にバカは出しません。1bの天井糸に、道糸は0.4号、ハリスは矢引の0.3号です。最近はハリスの0.2号も使ってみようかなと思っています。
 針、オモリは、源流部に同じです。目印のみ、オレンジと黄色を交互に4個付けます。
 餌も源流の時と同じですが、川虫が採取できるところは、これも使います。
 魚籠は、渓相と季節でで、郡上魚籠かネットを使い分けています。タモもワンタッチと渓流用を渓相に応じて使い分けています。
3.本流部
 最近、周りの方の影響で、こういうフィールドも始めました。釣ると言うことに限れば、一番面白いと思います。ただ、私とすると、釣れないと面白くないというのが辛いところです。
 竿はダイワの「華厳本流レイザーシューター」です。調子は7:3で8.1bです。最初は「翡翠本流」を買ったのですが、どうにも使いにくく、思い切って買い換えました。先調子ですが、魚が掛かると胴に入って良い感じです。気に入ってます。
 2010年にオークションでダイワの「遙」を買いました。初めてのチューブラー穂先です。竿がすごくシャキッとしていて、振り込みやすいです。現行モデルとして復活しないかなあ?
 仕掛けは竿いっぱいの仕掛けです。状況で30a〜50aのバカを出します。天井糸を3b、ハリスを矢引です。道糸は0.6号か0.4号、ハリスは0.4号と0.3号です。道糸とハリスはナイロンのサルカンで繋いでいます。始めたばかりですので、また変わるかもしれませんが。
 オモリ、針はこれまた同じですが、これからは本流用にオモリのラインナップを増やそうと思ってます。針も色々考えてます。目印は同じく、オレンジと黄色で4個、ちょっと大きめで付けてます。
 餌は、餌は基本的に渓流部に同じです。もちろん採取できれば川虫も使います。
 魚籠は、郡上魚籠かネットです。タモ本流用渓流用を使います。